京都府城陽市、宇治市、トリミングサロン、ペットホテル、犬の幼稚園、ペットグッズ販売etc...

Studio Inucocoro

幼稚園

幼稚園

園の方針

子どもが子ども同士の遊びから多くのことを学ぶように、犬には犬同士でしか学べないことがたくさんあります。
また、集団生活を通しての学びも多く、楽しいゲームやトレーニングでワンちゃんの生きがいを見つけることで、心豊かに育ちます。

いぬこころ幼稚園ではワンちゃんの心の育成を一番に考え、レジリエンストレーニング、観察学習、プレイセラピー、ドッグトレーニングを行なっています。「犬に心がある」というのは「嬉しい・楽しい・悲しい・怖い」という単純なものではなく頑張る心や困難を乗り越える強い心であったり、思いやりの心など、もっと複雑です。いぬこころはワンちゃんの感情や性格を読み解きながらその子の個性や良いところを引き出し、育成していくことに取り組んでいます。

ワンちゃん達は日々、飼い主さんと一緒に「人間」の社会で生きていることから「犬」として生きることができず、心に大きなストレスを溜めてしまいます。人が人らしく、あなたがあなたらしく生きることで心に抱えていた問題が紐解けるように、ワンちゃんも犬として犬らしく生きる生き方を知ってもらうことで、自己発揮に繋げワンちゃんが心に抱える様々なストレスを軽減していくことができます。

スタジオ・イヌココロでは全てのワンちゃんに一生に一度は幼稚園を体験してほしい!!と考えています。
生後3 、4ヶ月〜1歳になるまでの間は特に大切な「社会化期」です。この期間を大切に過ごすことで、情緒的にも精神的にも大きく成長することができます。さらに生後7〜8ヶ月齢は第二の社会化期とも言える大切な時期。このころから1歳半を過ぎるまでの経験も非常に大切なのです。十分に社会化の経験ができず2歳を超えたワンちゃんは少し時間がかかりますが、時間をかけてゆっくりと経験を積ませてあげることで、適応能力が育ってきます。

社会化を育てるには年齢×1〜2倍の時間を要すると考えてください。
そのため、子犬を迎えたらできる限り早く幼稚園を経験させてあげると良いでしょう。また、成犬のワンちゃんの場合はゆっくり時間をかけてのんびりとワンちゃんのペースに合わせて社会化を育ててあげることが大切です。

幼稚園にて犬同士のコミュニケーションや飼い主様から離れ自立した時間を過ごすことでワンちゃんはひとまわりもふたまわりも大きく成長していきます!

レジリエンストレーニグ

幼稚園風景
レジリエンスとは「折れない心を育てること」
逆境を乗り越える力、困難に立ち向かう力、ストレスへの耐久性、精神的回復力を身につけることです。Studio Inucocoroはワンちゃんにとってもこのレジリエンスが極めて重要であると考えています。
犬は人間社会で人と暮らしているため、絶対にワンちゃんの思い通りに世の中は進みません。
ワンちゃんを可愛がるあまりなるべくストレスを与えないようにしよう、なるべく嫌なことを避けてあげようとするとその優しさが仇となり、家庭内でこの「レジリエンス」を上手く育てることができずに、お家から一歩外に出てお出かけしたり病院やトリミングサロンに行くと何か想定外の出来事が起こったり我慢しなければいけないことが増えてしまい、パニックとなったり、人や犬に吠え掛かったり、噛み付いたり、分離不安症を引き起こしたりと様々な問題が引き起こされてしまいます。

ですので、常日頃から小さな”ハードル”をワンちゃんが乗り越えていけるように環境を整えてあげることが大切です。
幼稚園では犬の集団生活や褒めるトレーニングを通して社会性、自尊心、柔軟性、チャレンジ精神、ポジティブな心を育てていくことができ、
レジリエンスを高めることができるので、ワンちゃんが人間社会でストレスを抱えることのないように楽しく生きていけるようメンタルトレーニングを行うことができます。

【ダメなことはダメ!】
犬は褒めてもらえることがとても大好きです。
でも、褒めるしつけとは叱らないことではありません。
ダメなことをした時はきちんと叱ります。
そして、どうすればよかったのかを教えていきます。
そして、良いことをした時にしっかりと褒めてあげることで、褒めてもらえる喜びを知り、褒めてもらうためにどうするべきかワンちゃんが自分で考えて行動するようになります。

プレイセラピー

プレイセラピーは主に乳幼児に用いられる療育の一種ですが、いぬこころ幼稚園では元幼稚園教諭と保育士の経験のあるオーナーがこのプレイセラピーの考えをワンちゃんに応用しています。プレイセラピーによってコミュニケーション能力を引き出したり、分離不安の解消にアプローチしていきます。
お家から離れ専門知識を持ったトレーナーと一緒に遊ぶことで犬遊びのための体の使い方を覚えたり、
強制ではなく遊びを通してオスワリ、マテ、オイデを強化するため楽しみながら人とのコミュニケーションを学ぶことができます。
遊びを通してワンちゃんが自分の感情の表現の方法を学ぶことで自己発揮につなげます。

【観察学習】
他の模範となる犬が一緒にいることで、他の犬の遊ぶ姿を見て遊び方を覚えたり、犬同士の礼儀や人とのコミュニケーション方法を学んでいくことができます。また、みんなが寝ている時は静かにするなど、空気を読む力が身につきます。観察学習の良いところは、本来自分自身の試行錯誤による経験から学習することを他の模範となる犬を観察することで試行錯誤の期間が短くなり効率よく学習できるというところです。

プレイセラピー

褒めて伸ばすトレーニング

幼稚園風景
幼稚園ではオスワリ、マテ、フセ、リーダーウォークなどの基礎的なトレーニングから輪くぐりやプチアジリティー、ドッグダンスのトリックなどの上級トレーニングも行います。トレーニングは陽性強化と呼ばれる「褒めるトレーニング手法」を行うため、ワンちゃんが楽しんでトレーニングに取り組むことができます。そして最初はできなかったことも徐々にできるようになるとワンちゃんの自信につながり、ワンちゃんがさらに活き活きと輝きます。
犬にとって音や自然環境の不足、運動不足など、人間社会での生活でどうしても物理的なストレスがかかってしまいます。
幼稚園ではお散歩や、トレーニングとして脱出ゲーム、脳トレ、嗅覚トレーニング、なども行いますので日頃のストレスを発散ができ、ワンちゃんの心も体もリセットしてスッキリ!!

【犬の持つコミュニケーション能力を高めよう!】
犬は本来、人とコミュニケーションを取るのが大好きな生き物です。
飼い主との良好な関係が築けている場合、ワンちゃんとのアイコンタクトは必然的に増えて来ます。
そして、ワンちゃんからの問いかけがたくさん増えて来ます。
ママ、楽しいね!!
パパ、次は何するの?!
心のキャッチボールをしっかりと行いコミュニケーションをたくさんとることでワンちゃんとの絆がより深まります。

いぬこころ幼稚園の魅力

テーマは「自立」!!

社会現象のように犬の世界で問題となっているのが「分離不安」。この分離不安はワンちゃんにとっても大きな心の負担となっています。その原因は実は飼い主様のワンちゃんへの依存や期待であったりもします。

マニュアルに沿ったトレーニングではなく、ワンちゃんの性格・飼い主さんの性格・生活スタイルに合わせた実用的な「イヌココロ流犬育て術」を指導します。ワンちゃん達からの自発的な学習意欲を引き出すと、強くたくましく、賢く育ちます。

幼稚園風景
  • お散歩で上手に歩けるようになった
  • アイコンタクトが増え指示が通りやすくなった
  • お出かけ先で賢くなった
  • ドッグランで遊べるようになった
  • 他の犬を怖がらなくなった
  • 自己発揮ができるようになったetc...

(※成果が出るまでには個体差があります。)

特に、定期開催をしている7日間のお泊まり保育プログラムではワンちゃん達の飛躍的な成長が見られたり、飼い主様のしつけや犬育てに関する考え方が変わったりとご好評いただいております。
※お泊まり保育は幼稚園プログラムと合わせて併用されることをお勧めいたします。

※ご利用にあたっての注意事項※
犬のしつけやトレーニングはプロが行っても時間を要し、飼い主様にもご自宅で同じように頑張っていただかなければ効果がありません。トレーニングはとても根気のいることで、犬を育てるということは簡単なことではありません。幼稚園に預けたらすぐに賢くなると思っている方、ご自宅では何もしなくても賢くなると思っている方、短期間での効果を求める方はご利用をお控えください。

幼稚園概要